囲碁の効能

教育方針イメージ

 

想像力が豊かに

 盤上の交点ならどこに打ってもよいという、自由なルールで「かたち」を創り上げていくのが囲碁で、他のゲームにはない創造性があります。自分の頭で考え、先を読むことによって想像力が高まり、発想を豊かにします。

知的能力・生きる力が身につく

 囲碁を楽しむことで、相手の動きや先などを読む「推理力」、先を読むための「思考力」、多くの選択肢の中から必要な手を選ぶ「判断力」「直観力」などの知的能力が自然に身につきます。また考えをめぐらす中で、自然と集中力もつきます。
また、囲碁の局面ではいい局面もあれば、苦しい局面もあります。苦しい局面を打開することで、苦境を乗り切る力、人生における「生きる力」を養うことができます。これらのことから囲碁は、人間の根幹を支える能力を育てることができるのです。

医学的検証

 人間の脳は通常、左脳で計算・暗記・論理的思考機能を受持ち、また右脳は感覚的・形や空間等の認識、大局的視野での判断力を受持つと言われています。
人間は本来、左脳右脳の両方をうまく使うことが大事ですが、一般的に左脳人間が多いそうです。囲碁は特に右脳を使うゲームで、医学的にも右脳を刺激し、判断力を高め、ストレス解消に効果があることが認められています。

コミュニケーション

 囲碁は年齢や性別、国籍などに関わらず、誰でも楽しむことができ、見知らぬ人同士でも囲碁を通じて向き合えば、すぐに仲良くなれます。そのため現代社会で希薄になりつつある家族・師弟・先輩等との年代を超えたコミュニケーションに大変役に立ちます。またパソコンやゲームの普及により、現実の体験を経験することが少なくなった現代では、囲碁を通じて対等に向き合い、コミュニケーションを深めることで、自分たちが他者との関わりの中で生きていることを強く実感させてくれるものでもあります。

子供の教育

 囲碁は、先を読むことによって「集中力」が身につき、また全体を見据えた「バランス感覚」を養うことができます。また、多くの選択肢から状況に応じた判断を必要とするため、物事の価値判断をするための練習にもなります。今の子どもたちは、予測しきれない将来を生きるため、様々な場面において、生き方を自らの力で決定していくことが必要とされています。囲碁を通じた様々な経験は、子どもたちの「生きる力」を養うチャンスにもなるといえるのです。

引用 プロ棋士 王唯任